FC2ブログ

はじめに<もくじ>

ご訪問ありがとうございます。
ここは候文素人のブログ主が、夏休みの自由研究的なものを置いているブログです。
ときどき明智光秀さんの様子をアレコレ覗いたりしてます。

◆遊行三十一祖京畿御修行記
時衆同念上人の遊行記録の現代語訳。天正八年一月廿四日に明智光秀が登場します。
◆中務大輔家久公御上京日記
島津家久の旅日記の現代語訳。天正三年五月十四日と十五日に明智光秀が登場します。
◆連歌百韻「月雪や・・・」
年時未詳。明智光秀・里村紹巴・斎藤利三参加の連歌会の現代語訳。
◆明智光秀の前半生
「長崎称念寺門前十ヵ年」の意味。「門前」の語句が正しく理解されずにスルーされている現状。
◆明智光秀ゆかりの地
いつか足跡を辿るときのために集めた自分用の旅情報。
◆ふくちやま
由良川の治水や明智藪についての考察。

その他はサイドのカテゴリからどうぞ。
 ▲基本的にリンク・転載はお断りします。
 ▲議論したい/正誤を決めたい/長文コメントなどはお断りします。

⑭天正七年九月三日~十一日<京滞在編二・誓願寺!>

title_ygy.jpg



九月三日彼岸も過ぬれは三条油小路荘厳寺江御入馳走無是非。其夜大頭大夫令ニ祇候舞三番申。
同五日誓願寺へ御座。其御通に所司代へ御礼儀、段子金襽二端、長州拝領忝之由誓願寺へ被参御行事聴聞。御宿極楽寺大衆小川町。十七日御勤歓喜之由楚仙被申。左テ近衛関白摂政殿御参あれハ以下の人々、袖をつらねもすそをそへて御算名号を請る事不分昼夜ありさま難申尽京中の事なれは紫雲のたち華のふるといふも有。是やめつらしきにうつりやすき人の心誠に世のならひなる故か。答拝渇仰申段いハむかたなし。ことに信長日連一宗既可有追放之刻なれハ、一入念仏利益増光深甚なり。大和河内丹波摂津国よりの参者ハ逐日追夜せり。御布施料過分令出来尽以誓願寺造営のため御寄進なされき。是も奇異の取沙汰なりし。
御行事十七日満しぬる十一日、可有御参裏之旨勧修寺大納言殿より御案内。雖然代々七条よりなされ来たる例を以金光寺江御帰寺。其日則信長京着、洛中俄物のなりをしつめ諸人気遣の事かきりなし。木食楚仙此間の御礼として被参。彼是御仕合珍重之由よろこび被申上に付て、二寮六寮を以楚仙懇望如御覧候堂宇建立大概成就す。雖然先年炎上之時一遍上人額御名号紛失たり。今度希有御在京末代伝記にも御当代卅一上人不思議として、御名号申請額ニ穿鑿シ備申度望也。然有上人ハ古聖の御再現某ハ発起和泉式部ニ同一ナル者乎。両寮御取成頼可存之旨、多重雖及御斟酌無拠歎被申上ハとて被遊遣ヌ。


⑬天正七年八月末~九月<京滞在編一・秋雨と七条金光寺>

title_ygy.jpg



折節昨日事外ふりし秋雨に、淵瀬をもしら川の水かさまさり、四条五条の橋もとたえ侍れば、乗馬ともハうちひたして渡し御輿に人々とりつきぬる有様祇園会御神渡のやうにみえぬ。
倩(つくづく)爰(ここ)ニ往古おもひあハするに、二祖大上人加賀国石川郡石立と藤塚という中間の大川ハ、越の白根よりおつる洪水いとはやく舟もさしえす末の海へなかれ行よしにて、いかゝせんとつとひこそぬる旅人もちりに立帰りぬ。然ハ大上人云汝等いつまて行かたなくこゝに有なんとて、御衣の帯共結合御口にくハへ玉ひ大衆とりつきわたれと飛入り玉へハ、一人も落溺すむかひの岸に着ぬ。偏ニ白山権現藤塚の御神力加持し玉ふ事現なりし。それより手取川と号すとかや。今又其時の聞伝し心ちハかりに卅一世上人蹲踞(そんきょ)いよいよ申也。侍申さるる御喝食小姓大姓たちいかにもはなやかに、稲荷音羽の薄紅葉手折かさして心ものとかなる九重の春にたちかへるかと覚ぬ。
無程七条金光寺へ御移。僧尼御算給檀那衆同前。然して日中に日々二条殿九条殿御はらからにておハし渡り玉へハ、御車を双て御参り、其外隠形の公家御かたさまたち、武家には細川藤孝の廉中取分そ信仰候き。


ウイスキーがお好きです

  • CATEGORYメモ
  • PUBLISHED ON2019/ 03/ 10
  • COMMENT0
3月8日追加のキャストが発表になりましたね!
光安さんが出てきた時点で、前半生をどういう設定でいくのかある程度窺えた気がします。

なかでもうちのブログ的に注目なのがこの方です。光秀母。
山崎工場の樽の中に住むという光秀さんに山崎25年をおごってもらう…というのがこのブログの究極の目的なので、反応せずにはいられませんでした(^m^*)

京都丹波行きたい場所⑤丹波市



中川英明さんという丹波市で活動している絵描きさんがおられます。
 ▶note https://note.mu/akuemon
 ▶blog http://blog.livedoor.jp/hideakinakagawa/
この方、素晴らしく絵がお上手なんですよね。躍動感があって、リアルなタッチで、そして渋い!この不精髭の赤井さんはアラフォーかな。やっぱり男は30歳過ぎてからですよね❤
ご本人の了承を得て、漫画の予告CM的な動画を作りました。ぜひご覧ください。声も入ってますよ。

もし福知山を旅するなら丹波市はお隣ですし、立ち寄りたいところです。
丹波市といえば赤井直正さんの黒井城があるのですけれど、山城は、ヒルとか熊とか怖いので・・・。
これからぼちぼち土地の情報も仕入れて行きたいなと思っています。

旧丹波国観光マップなんてものも出来たそうで・・・!丹波攻略の進軍ルートも載っているとか。
 ▶旧丹波国観光マップ完成 明智光秀ゆかりの史跡など紹介(神戸新聞)
 https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201902/0012029977.shtml